〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
TEL.045-243-6400(代) FAX.045-243-5171
E-MAIL alpha@alpha-japan.com
トップページ
会社概要
タレント
日程表
オーディション
ベイフォトスタジオ
ベイジャングル
リンク
タレントブログ
会長ブログ
第50代 桓武天皇
別名:
山部(やまのべ)親王、
日本根子皇統弥照尊(やまとねこすめろぎいやてりのみこと)
生没年:
天平9年(737)〜 延暦25年(806)(70歳)
在位:
天応元年(781)〜 延暦25年(806)
父:光仁天皇 第1子
母:高野新笠(たかののにいがさ)
宮居:
平城京(ならのみや:奈良県奈良市)、
長岡宮(ながおかのみや:京都府乙訓郡向日町)、
平安京(へいあんきょう:京都府京都市)
御陵:柏原陵(かしわばらのみささぎ:京都府京都市伏見区桃山町)
1.葛原親王(かずらわらしんのう)(786〜853/06/04)
天長2年 子女に平(たいら)の姓を称することを上奏して許された。
2.高見王(たかみおう)(824〜848 )=上総太守仲野親王の娘
葛原親王の第三皇子とされ、京都で生まれたと伝えられている。桓武平氏の遠祖。病弱で、無位無官のままで生涯を閉じたといわれている。
3.平高望王(たいらのたかもち)(839/09/07〜911/05/14)
898/04、上総介に任じられた、平姓をうけて皇族を離れ上総の国の介として赴任した。
4.平良兼(たいらよしかね)生年不詳〜939/02/06=正室は不詳、側室に源護の娘
上総国に蟠踞して常陸国の国香や下総の将門、良正一族と対立した。
5.武蔵守平公雅(たいらのきんまさ)生没年不詳 平安時代中期の武人。
平良兼(よしかね)の子。平将門(まさかど)の従兄弟。一族と抗争していた将門と対立
6.平致頼(たいらのむねより)生年不詳〜1011/10/08
長徳4年(998年)、同族の平維衡と伊勢国神郡において合戦を繰り広げた
7.平致経(たいらのむねつね)
1東宮亮藤原惟憲は道長の家司でもあり、どん欲な受領としても有名で最後は三位にまで登ったれっきとした貴族。
8.平忠頼(たいらだだより)=経明 930/07/16-019/01/25
平将門とは従兄弟。陸奥守に任ぜられ、下総千葉郡に居城を築く
9.平忠常(たいらただつね)967〜1031 娘平将門の娘
10.平常将(たいらつねまさ)1010/10/24〜1076/07/06父は平忠常母は平公雅の娘
11.千葉常兼(つねかね)1045/09/28〜1126/04/04=鳥海忠衡の娘

下総国千葉郷に因んで千葉大介と号したとされ、これが千葉氏の始まりである。
12.千葉常重(つねしげ)1083/04/18〜1180/05/28
13.千葉常胤(つねたね)1118/06/14〜1201/04/28
下総国相馬御厨みくりやを相続し、その支配をめぐって国守・藤原親通や源義朝、平常澄と対立。源頼朝に厚く信頼された幕府創設以来の功臣。
14.千葉介胤正(たねまさ)(千葉新介)1141/05/08〜1203/08/28
15.千葉常秀(つねひで)
千葉宗家の中から派生した新たな千葉家の有力庶家である。
16.千葉介常親
17.千葉泰胤=刑部少輔泰胤
18.千葉常邑=右馬助常邑
19.千葉常貞=下野守常貞
20.千葉貞綱=刑部允貞綱

新渡戸郷に居城、姓を一時千葉から新渡戸と名乗る
21.千葉良広=刑部大輔貞広
22.千葉広盛=将監太郎広盛
23.千葉常望=太郎六郎常望
24.千葉常忠=伊予守常忠
25.千葉常信=大学助常信
26.新渡戸信盛=常陸介信盛 正式に「新渡戸」と姓を改める
27.新渡戸盛頼=左衛門佐盛頼 元良成澄の子
28.新渡戸頼胤=刑部少輔頼胤
29.新渡戸良胤=内膳正良胤

伊沢郡(胆沢)に西根城を築く
30.新渡戸胤望=左衛門尉胤望
旧地元良の奪還を謀るが、果たせずに終わる。
31.新渡戸頼長摂津守=和賀仙人別当浄念女
32.新渡戸対馬守胤重(たねしげ)=和賀氏家臣毒沢民部女
33.新渡戸内膳春治(ときはる)=釜糠修理女

新渡戸内膳正春治は慶長3(1598)年父胤重の命により、始めて南部利直公に謁えた。
34.新渡戸常網(つねつな)傳・茂継・弥吉・常英=晴山茂兵街女
35.新渡戸貞紹(さだつぐ)傳蔵・伝蔵・九助=岩間采女娘
36.新渡戸義紹(よしつぐ・よしあき)九助・平蔵・傳助・平七
37.新渡戸常以(つねもち)伝次・伝治・伝蔵・傳次郎・三郎兵街・平七
38.新渡戸常言(つねこと)傳蔵・小助
39.新渡戸常贇(つねよし)傳三郎・常賢・傳助・小助・傳の丞・伝助=栄子
40.新渡戸維民(これたみ)1769-1845傳蔵・栄吉・民司・平六

41.新渡戸伝(つとう)1798/11/07‐1871/09/27傳・爺翁・常澄 号は太素
42.新渡戸常訓(つねのり)1820/06/11‐1868/12/24十次郎=勢喜(せき)
43.新渡戸稲造(いなぞう)1862/09/01〜1933/10/15=メリー・エルキントン

岩手県生まれ。
教育家。父は南部藩士。
1881年札幌農学校を卒業。
1884年東大を中退しアメリカに留学、クエーカー教徒になる。
1891年帰国し、
札幌農学校教授、東京帝大教授、東京女子大学初代学長などを歴任。
特に1906年〜1913年第一高等学校長として人格主義教育を行う。
1919年〜1926年国際連盟書記局事務局次長として活躍、
晩年太平洋問題調査会理事理事長を務め、当時の代表的国際人であった。
1927年貴族院議員。農学博士・法学博士。
著書“Bushido;the Soul of Japan”(1900)は有名。



アクア新渡戸の家系譜

第50代桓武天皇(769年)

1葛原親王―2高見王―3高望王―4平良兼―5平公雅(平将門が従兄)−6平致頼―7平致経―8平忠頼(平将門が従兄)―9平忠常(平将門の娘が嫁)−10平常将―11千葉常兼―12常重―13常胤―14胤正―15常秀―16常親―17泰胤―18常邑―19常貞―20貞網―21良広―22広盛―23常望―24常忠―25常信―26新渡戸信盛―27盛頼―28頼胤―29良胤―30胤望―31頼長―32胤重―33春治―34常網―35貞紹―36義紹―37常以―38常言―39常賢―40維民―41常澄―42常訓(新渡戸稲造の父)―43喜佐(新渡戸稲造の姉)―44徳太郎―45暎―46アクア新渡戸(1986年)